消防団の活動の中で、操法訓練は大変重要な役割があります。
操法訓練に限らず、誰でもはじめは「なんの意味があるのだろう」と疑問に思う消防団の活動かもしれませんが、 一方で特に操法訓練は、実際の消火活動に際してムダのない行動と合理的な伝達・人員把握などの要素が集約された訓練ではないかと考えます。

 操法訓練の服装はほとんどの場合、制式のヘルメットと活動服、手袋、脚絆、運動靴といった扮装(いでたち)です。
脚絆・運動靴に変えて、こちらのようなスパイク付き地下足袋を使用するチームもあるようです。

操法訓練は、ご存知のように機械器具の操作の正確性、各番員の動きの機敏さと円滑な行動、コンビネーション、総合的な規律などの要素を審査されるとともに、操作開始から放水までの時間と大会規定によっては撤収時間が減点対象に評価されます。

ですから、運動靴や地下足袋などの履物には、それぞれに工夫とこだわりがあります。

私たちの操法訓練チームが採用しているのは、こちらのシューズです。
アシックス消防操用靴・白もあります
asics(アシックス) 消防操法専用 シューズ 作業靴 メンズ ブルー×オレンジ FOA004-5030 28.0cm

これは、次のような特徴があります。

  • 重量 240gと軽く、薄底ソールで整列時の地面の感触を確認できます。
  • 前足部は、耐摩耗性に優れた特殊ラバーを採用し、厚みを薄くすることで地面の感覚を伝えやすくしています。
  • 衝撃緩衝性に優れたαGELをミッドソールのかかと部に内蔵しています。
  • 中敷には、クッション性がよくへたりにくい素材を採用しています。
  • すり減りにくいラバーをかかと部に使用しています。
  • 3本のベルトでフィット性を高め、ブレとパワーロスを防いでいます。
  • アッパー部は、通気性に優れた素材を採用し、快適な履き心地を維持しています。
  • ミッドソールのエッジを削り、踏まず部を平らにすることで、脚半のベルトが切れにくいようにしています。
  • ソールかかと部は、両足かかとを揃えやすいように垂直に加工しています。 再帰反射材 夜間の練習でも、視認性の高い再帰反射材を採用しています。
消防団の操法訓練用にアシックスによって開発された、このシューズはチーム内でも評判がよく、毎年出場者に注文を頼まれます。(サイズは25cmから28cmまで0.5cm)

時期的に品薄になるようなので、通信販売で早めに注文しています。

【楽天】アシックス消防操用靴・白もあります。


カラーも鮮やかな、同等機能のミズノ製もあります。 





[ PR ]
ARROWS/div

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
人気ブログランキング